読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

変化に向けて調子を整える

今を見直す良い機会となった。

個人のキャリアに激変を引き起こすのは環境変化だけではない。今までと違うライフスタイルへの欲求、大きなストレスを感じる仕事を長年続けて蓄積した疲労なども、自分には何が必要なのか、自分は何を欲しているのかを考え直すきっかけになる。そしてそれは外部からの環境以外に強い力となり得る。言い換えれば、自分の内なる思考と感情は外部状況と同じように自分の環境の一部なのだ。そしてどちらの大きな変化も、個人のキャリア人生を左右する。

自分自身との対話は、キャリア転換点の存在を明らかにするのに役立つだけではない。自分が向かっている未来の本質について対話を継続していくと、どこに向かって努力すべきかを的確に知るのに役に立つ。そのうえ、外の世界に強いられて無茶なジャンプをしなくても、着実な足取りで前進していくことができるのだ。

キャリアの谷を越えていくのに役立つものは2つある。明確さと信念である。明確さとは、自分のキャリアで何を目指すのかを数値も含めて具体的に正確に把握することである。自分のキャリアがどうなっているといいのか、そして、どうなっていたら嫌なのかを知っておくということだ。信念とは、このキャリアの谷を渡って向こう側にたどり着き、自分で決めた条件の仕事に就くという強い決意のことだ。

企業が戦略転換点を切り抜けるために死の谷を越えるとき、CEOには、新たな業界地図について明快なビジョンを描き、谷を越えた後に組織を率いるリーダーシップを発揮することが求められる。自分のキャリアのCEOであるあなたには、ビジョンもコミットメントも、あなた以外に提供してくれる人はいない。確かに大変なことだ。自分との対話から方向性を明確にすることや、色々な疑問が浮かんで夜中に目が覚めても信念を持ち続けることは、どちらも試練だ。しかしあなたに選択の余地はない。行動を自分から起こさないでいれば、行動を強いられるだけなのだ
ひとりの人間には、キャリアはひとつだけだ。キャリア転換点において成功する絶好のチャンスは、渾身の力で、ためらうことなく、その手綱を握ることだ。

今までのキャリアと同じレベルでのサポートや経験、自信を再び構築するにはしばらく時間がかかることも覚悟しなくてはならない。失って心細く思うサポートとは、たとえば会社が与えてくれていたあなたというブランド。アイデンティティだ。新しい会社に入社したり、自分で事業を立ち上げたりするとき、今までの自分のアイデンティティを手放して、新たに築くことが必要になる。これには努力と時間がかかり、間違いなくあなたの勇気が試される。しかし、同時に自立心と自信がつく。そしてそれらは避けようもなくなってくる次のキャリア転換点に役に立つのだ。

「風俗嬢の見えない孤立」からみる、アンコンシャス・バイアスとの距離感

風俗嬢の見えない孤立 (光文社新書)

風俗嬢の見えない孤立 (光文社新書)

「貧困が理由で、風俗嬢になる女性が増えている。これは大きな社会問題だ」。近年、こうした論旨の報道やルポをよく見かけます。特に2014〜2016年頃は、「貧困×風俗嬢コンテンツブーム」だったと総括してもいいような取り上げ方でした。(p.82)

でも僕は、当事者の支援に関わってきた人間として、こうした報道・ルポのあり方自体に、大きなジレンマを感じてきました。
「貧困×風俗嬢」コンテンツは、「風俗嬢たちは苦しんでいる」と主張します。そしてその苦しみの内容を、「貧困が原因で、風俗嬢(などという悲惨な仕事)をせざるを得なかったこと」に絞ろうとします。こうした番組や記事だけを見ると、まるで風俗嬢というのは、全員が貧困の被害者で、夜の世界で搾取されており、今まさに「不幸」な状態にあるように錯覚してしまします。(p.83−84)


上記にあるように、近年「貧困×風俗嬢」コンテンツを良く見かけるようになった。個人的には、地元沖縄の記事はとても印象に残っている。
toyokeizai.net

そういった背景から、この問題については関心を傾けていたのだが、本書にある「錯覚」にまさに陥っていたことに気付いた。そして何故、そのような錯覚に至ったかを爆煙の表現は非常に的を得ていてた。

どうして風俗という言葉がこれほど威力を持っているのかといえば、この爆竹があげる煙の「色」があまりにも濃いからでしょう。爆竹の色は、二色に分かれています。一つはピンク。つまり「エロ」です。そしてもう一つは黒。ヤクザ、ドラッグの売人といったアウトローの人々、あるいは恐喝、詐欺、暴力など「犯罪」そのもののイメージです。この二色の爆煙が厚く取り巻いているせいで、夜の世界の見通しは非常に悪いものになっています。そして、「煙の向こうで銃声がした」「泣き叫ぶ女性の姿がチラッと見えた気がする」など、不確かな情報ばかりが拡散されていく。(p.27)

本書はそうした「錯覚」や不幸な状態にある人たち”であろう”と先入観を持ち、支援する側の自己陶酔といった類に「陥らないために必要なのは、強い意志力でも謙虚さでもありません。課題と目標を明確に設定し、その達成のための効果的な仕組みを作るビジネスセンスです。それがないからこそ、自分のプライドや快楽など、感覚的な飢えが先走ってしまうのでしょう。(p.171)」と一蹴する。自分自身のアンコンシャス・バイアスを知ることができ、非常に学びが多かった。以下、気になった部分の引用となります。

目に映る何かに対しての思い込みというものは殆どの場合、自分自身にも跳ね返ってくるものだから。つまり思い込みの除去というのは、その対象が何であれ、すべて「自分のため」の行為だと思うのです。たとえば異性に対しての思い込みは、同性に対しての思い込みと表裏一体です。「女性はヒステリックなものだ」という価値観が、「男性である自分たちは、感情的になるべきでない」という価値観の裏返しであるように。(p.17)

風俗店が「しんどい」女性を吸収しやすい理由はたった一つ。彼らが、「女性を集める」という目的のためだけに、湯水のようにお金と労力を使っているからです。もちろん、非合法な方法にお金を使っているわけではありません。純粋に広告戦略に多大なコストをかけているのです。(p.177-178)

自己紹介とともに、過去を開示することが当たり前。開示できるような、まっとうな過去を歩んできていることが当たり前。これが、日本社会に底に流れている価値観です。「まっとうな生き方・働き方」が設定されているからこそ、自己紹介の場で、そのルートを踏んできたことの証明を求められる。風俗嬢は、それに応える言葉をまったく持っていない人々です。所属先はなく、働き方も曖昧で、存在としてとらえどころがありません。(p.212-213)

これからの社会をよくするのは、「どうしてそんなことをしていたんだ」という詰問ではなく、「今、どうしてほしい?」という問いかけです。誰もが身近な人にそう問いかけられる社会になれば、「次に進めない」人はきっと、夜の世界からも昼の世界からも格段に減るでしょう。(p.227)

海外に暮らす友人の依頼を受け、東京地検に行った話。

海外に暮らす友人から「どうしても頼む」という依頼があり、人生初の東京地検に行った話。交通違反での罰則で、金額はプライバシーのためぼかすけど、10万円前後。海外にいる友人の代理で納付するということで、地検の方にはイレギュラーな対応をしてもらった。必要なものは以下の5つ。

  1. 代理納付を依頼するメールのやり取り(印刷)
  2. (海外にいる友人の)在留カード番号
  3. (海外にいる友人の)国際免許証番号
  4. (海外にいる友人が持っている)督促状の画像
  5. 代理人の証明書(免許証を使用)

f:id:Ryu-Higa:20170216214733p:plain

1 の代理納付を依頼するやり取りが重要で、そちらの確認で20分ほど待合室で待機。確認後、実際に納付。色々と調べて勉強になったけど、罰金刑の支払いは現金一括払いが一般的。現金を受け渡し、受付の方と一緒に声を出しながら数えた(一緒にやる必要はあったのか?笑)。結構な念押しをされたが、納付後の領収書が重要とのこと。また一つ成長したな。

頼りになるのは経験です。

ちょうど「経験」について、気になる記事があったのでメモ。

https://cdn-images-1.medium.com/max/2000/0*klETNDHi_UhMj_En.jpg

The Emotional Journey of Creating Anything Great – John Saddington – Medium

We just need to continue to walk, one foot in front of the other, and make it all count. In the end, even the projects that end up in the trash bin can still provide amazing rewards. Again, speaking from experience, some of those (failed) projects are some of the things that I am personally most proud of.

Onward, upward, and beyond.


www.business-plus.net

日本人は一般的に「他者同調的・集団主義的」だとされます。「自分の目の前にいる他者」の承認を得ようとする傾向にあるということです。尊厳(自己価値)の根拠を外に求めるという意味で、「外的な確かさ」を求めやすいのです
他方、目の前にいる他者とは関係のない第三者、例えばそれは神を持ち出すやり方もあります。「神によって承認されれば、目前の人たちが承認してくれるかどうかはさして重要ではない」という尊厳の抱き方です。これは欧米のユダヤ・キリスト教世界に典型的にみられる、いわば「内的な確かさ」です。
「内的な確かさ」に比べて、日本人が拠って立つ「外的な確かさ」は、往々にして他者の視線や評価を気にしすぎる振る舞いを帰結します。そのことが、日本人が何かというと右往左往しやすいように見える理由ではないかと思います。

「ヘタレに人はついてこない」。これは100%の真実です。ことはビジネスに限りません。ヘタレな存在には、職場の部下だけでなく、異性や友人もついてきません。人間関係一般において、ヘタレは尊敬を集めることが絶対にできません。
では、ヘタレにならないために何が必要でしょう。日本にはユダヤ・キリスト教の伝統はありません。だから神を頼ることはできません。頼りになるのは経験です。経験を積むと「こういうケースではこうなる」というパターン認識ができるようになります。つまり社会で昔から決まっている対処の仕方がわかるようになります。

【所要時間1時間】仮面ライダードライブのお面を作ってみた


こちらのサイトを参考に作成してみた。所要時間は1時間ほど。
Amazon楽天で、実は販売されてはいたけれど、「作れるものはとことん作ってみる」という方針から、作ってみることにした。
blog.livedoor.jp

必要なものは100均一で揃う。厚紙、赤色の用紙、折り紙でバッチリ。
f:id:Ryu-Higa:20170103223828j:plain

まずは裏にメインの色である赤色の用紙を貼り付ける。
f:id:Ryu-Higa:20170103223820j:plain

妻が書いてくれた見本を参考に下書きをする。
f:id:Ryu-Higa:20170103223822j:plain

下書きをそって、お面を切り抜く。
f:id:Ryu-Higa:20170103223823j:plain

目の部分は、蛇腹折りした白色の折り紙を切り取って、透けてみように作成。
f:id:Ryu-Higa:20170103223824j:plainf:id:Ryu-Higa:20170103223827j:plain

端に輪ゴムをくっつけて、調節できるようにした。
f:id:Ryu-Higa:20170103223826j:plain

「頭の文字が違う!」と妻と息子に突っ込まれたけど、気にしない(笑)
f:id:Ryu-Higa:20170103223821j:plain

気に入ってくれたようで、遊んでくれています。
あと良かった点は、一度通しで作ったので、壊れても修理ができるという点。これはでかい。
f:id:Ryu-Higa:20170103223825j:plain


2017年は色々と作るチャレンジをする予定。

果たして、今の自分は「別の人生をイメージ」できているのだろうか

約2年ぶりのブログエントリーだと思う。
久々すぎて何を書いていいのか分からないけど、読書メモとして書いてみる。

星に願いを、いつでも夢を

星に願いを、いつでも夢を

続きを読む

@idezawa さんへの質問「モチベーションを保つにはどうすればいいでしょうか?」

f:id:Ryu-Higa:20140406230355j:plain

だいぶ期間が空いてしまったけど、昨年の12月にLINE社 取締役の出澤さん@idezawa と披露宴の報告を兼ね、食事に行ってきた(出澤さんからお祝いさせてよと嬉しい言葉をもらって実現した)。

日々の情報処理から、モチベーションの保ち方、社内での評価との向き合い方、今後のことなど、ライブドア時代によく耳にしていた「本質はどうか?」という軸で話が進み、概念がとてもクリアになった。とてもとても尊敬しているビジネスマンの一人で、話をしながらの言動一つ一つから、本当に学びが多かった。激務の中、時間を調整してくれたことに感謝しつつ、またお時間がもらえるよう、ビジネスマンとして精進します。ありがとうございました!

その中で、とても印象的だった質問と回答を記しておく。(確かこんなニュアンスだったと思う)

「出澤さん、日々ものすごい激務の中で、ふとモチベーションが下げることはないですか?モチベーションを保ち続けるにはどうすればいいのでしょうか?」


「うーん、会社にモチベーションを求める時点で違う気がするなぁ。僕の場合、モチベーションが下がるってことは不思議とないな。日々自分が予想もしないことばかり起こるし、予想できるとね、面白く無いしね。比嘉ちゃんはどうなの?」

今の自分を支えているのは、こんなふとした会話のやり取りだったりする。4ヶ月経って、今更ながら、出澤さんの回答を噛み締めてます。(そして、google IME で「いでざ」と入力すると「出澤剛」が出てくる。すげぇ!w)