読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

家族

お袋とiPad mini

先日帰省した際に、お袋にiPad miniをプレゼントしました。 理由としては「もう10年以上も前からパソコンやインターネットに興味を持ってはいるが、未だに誤作動で爆発するんじゃないかと考えている50代にインターネットを使ってもらいたいから」となります…

一人で生きていると思っていたのは

何年振りだろうか。幼いころからあだ名で呼ぶ僕らの大好きな叔母がいる。年の少し離れたお姉さんというような存在で、僕ら兄弟を色々な面で支えてくれた。ただ、僕はいつから疎遠になっていったんだろうか。 何年振りだろうか。叔母と長く会話したのは。叔母…

あなたが好きなように思いっきり時間を使いなさい。

気付けばもう9月で、東京での生活は2ヵ月になる。たった2ヵ月。だけど、その僅かな時間を過ごしただけでも、小さな変化を感じる瞬間が多々ある。時間の流れがはやい場所だからこそ、適応に向けて変化を促しているのかもしれない。漠然とした戸惑いのようなも…

「カメーカメー攻撃」に隠れる優しさ

沖縄のおばぁに代表される攻撃の一つに、「カメーカメー攻撃」があります。皆さん、知っていますか? 学ぶも 遊ぶも まずはご飯を食べてから 栄養 栄養 心にも まずは栄養つけてから まずは栄養つけてから 『オバー自慢の爆弾鍋』BEGIN*1 おばぁは過剰に食べ…

祖父の涙と時代を意識すること

無趣味のすすめ作者: 村上龍出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2009/03/26メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 141回この商品を含むブログ (83件) を見る 今日、小野さん(id:sap0220)といつもの赤坂で、ビールとお気に入りの鶏料理を平らげていきました。日…

たゆたえども沈まず、竹のように。

あなたがもし今の時点で、自分自身の軸を築き上げたいと思っているなら、それは軸と呼べる代物ではないよ。20代そこそこの若造が自信満々で築き上げてしまった「軸」なんて、凝り固まってて、何の面白みもないよ。結局、答えを求めているだけでしょう?分か…

寡黙なおじぃに問う、幹と根はどこにあるのか

オリオンビールを飲み、テレビの斜め向かいの特等席に座り、僕と向きあいながら 「正也、おじぃよ、最近気付いたことがあるわけよ。あれよ、腕の向きを変えるだけでとても楽になるってば。この年になって初めて気付いたよ。まだまだ学ぶことはいっぱいあるね…

「個」としてあなたが何を考え、苦しみ、そして想い、生きているのかを知りたい

唐突ですが、僕のお袋がブログをはじめました。 一部の方々にはいち早く反応をして頂き、本当にありがとうございます。お袋の文章を読むとは、何とも不思議なものです。そこに描写されるのはまさしく僕ら兄弟のことなのだけど、改めて明文化すると、どこか遠…

僕はあなたの息子であることを誇りに思います。

母さん、お誕生日おめでとう。 何にもしてあげられないけれど、僕が息子として想うことを紡ごうと思います。帰省して改めて感じたこと。僕は人として、まだまだ未熟で小さな器だということ。あなたと対峙し、言葉を交わす度にあなたの高潔さに畏敬し、慢心や…

「なんくるないさ」は「どうにかなるさ」じゃない。

【追記】2010年度版、書いてみました。 時間がない方はこちらにどうぞ。おばぁの動画付きです。 「なんくるないさ」について沖縄のおばぁに訊いてみました。 ニュアンスを掴むにはこれで勉強するのがいいかも。 ハイサイ!沖縄言葉―ウチナーヤマトグチ 沖縄語…

僕は、親父の前で泣きながら刺身を食べた。

「涙とともにパンを食べたものでなければ人生の味はわからない」仰々しくゲーテの言葉を冒頭に持ってきて申し訳ないです。ふと思い出したので、メモ程度に書いておきます。どういった話かというと、親父と交わした言葉についてです。これまで僕が親父に対し…