読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

lifestyle

大切な人にクリスマスプレゼントを贈りたい!

2007年12月13日〜12月19日までの7日間、はてなでは、「大切な人にクリスマスプレゼントを贈りたい!」キャンペーンを実施いたします。 今日気付いて締め切っちゃったけど、大切な人へのクリスマスプレゼントと感謝の気持ちを書き記しておこう。僕が大切に思…

Macが使いにくい。

いや、別にMac批判ではないのでw 今までずっーーーーーーーーとWindowsを使ってきたので いまいち感覚がつかめない。もうほんとド素人 orzファイルがどこにあるのか分からないからすごく散乱している ような感覚。いちいち操作方法を確認しながらやるからに…

出会いの大切さを感じる今だから

「出会い」がどれほど大切なことなのかヒシヒシと感じている今。 このエントリーと出会ったことは、とてもとてもよかった。 きっと何度も、何度も読み返す資料だと思う。

Macを購入したこと、そして今後のこと。

先日Macを購入しました。その時に考えたことが自分にとっては 今後大事であろうと感じたので書き記そうと思います。 Macを購入するときに、ひとつある疑問が頭によぎった。 それはどうしてWindowsを使い続けてきたか、という疑問だった。以前から次はMacを買…

行為を明文化することの重要性

"g"の方はおじいさんの"じ"で、"Z"は「ずいずいずっころばし」の「ずいずい」のところを ものすごく早く言った感じ。 渡辺千賀さんと山田進太郎さんが運営しているヒアリング力強化ポッドキャストサイト から、行為を明文化する重要性を感じた。少し説明する…

黙ったらどうだ?

スペイン、ポルトガルや中南米諸国など22カ国で構成されるイベロアメリカ首脳会議がチリで開かれた際、ベネズエラのチャベス大統領がスペインのアスナール前首相を「ファシスト」と非難。 これに対するサパテロ首相の反論を同大統領が何度もさえぎろうとした…

Webphoria = Web + euphoria

そんな慌てなくても、Webは逃げたりしない。 Blogを書き続ける目的を改めて明確にする必要がある、と激しく猛省。 人は文章を書くことによって、文章を書くことを通して、 ものを考え、抽象的な体験をし、成長していくものだと僕は思っています。 村上 春樹

Feliz cumpleaños footballista!!!!

思考を停止し流されることを拒否し、どうしようもない孤独から身を 守る術を覚え、瞬間瞬間を誠実に生きていく。 無謀な「週刊」への挑戦を請負うのは元スペイン在住ライター木村浩嗣編集長。 創刊一周年、おめでとうございます。木村浩嗣さんの文章は、サッ…

年賀状は、贈り物だと思う。

──最近は、年賀はがきでなくメールで年始のあいさつをされる方も多いようです。 佐藤 でも年賀状って特別なものじゃないですか。つまり電話やメールとか普段の通信手段とは、別個のもの。(中略)だから年賀状はやっぱり郵便受けに届く「モノ」として存在し…

亀田選手の会見から感じたこと。

先に言っておくと、反則を犯した選手に対しては厳正な処罰を取るべきである。それは変わらない。頭が真っ白だったとか、勝ちたかったとか、そんなことはあくまで各陣営の理由であって、それが正当化を伴うことはない。真摯にルールに沿った上で、ルールの範…

調べると聞くの境目

これだけ情報があふれた現在でも人が人に聞きたいのは、こうして聞かれる側にとって"身内"となった知恵ではないのだろうか。さすれば"他人"で事足りる知識は、人に聞くまでもなく自分で調べておくべきだし、"身内"となった知恵を拝借するには身内にならねば…

教えてもらうこと。

「思考」は非常に重要な行為だろう。だけど、全く訳の分からない状況で、自分で考えることはやもすれば非効率この上ない行為だと思う。全然土地勘のない場所で道に迷った場合、自分で道を探し出すより、そこら辺にいる人に訊いた方が解決へは100万倍はやいっ…

成功は、持続の中にその本質を含む。

続ける系は、「続けることそのものに意味がある」ことで、たとえば備忘録。「ためる系」は、「続けることによって成果をためていく」ことで、たとえばblog。そして「マスター系」は、「続けたことによって、成果を極める」こと 「継続は力なり」よく耳にする…

答えではなく、問い。

情報を、”信じられる、信じられない”の二つに分けるべきではない。 選別しようとすると過ちを犯す。 信じるに値する情報など、この世にはないと思っている。なぜなら、情報は人の脳が作るものだからだ。情報が僕のところに届くまでに、無数の脳というフィル…

閉塞感とは「システム」と「個人」、どちらの問題だろうか。

今夜の情熱大陸は、海人(うみんちゅ)写真家・古谷千佳子さん。出演するおじぃが話す、微妙にイントネーションのおかしい標準語が僕自身に故郷の沖縄を思い出させる。情熱大陸に出演している彼ら海人を眺めながら、ナレーションが「彼らは何も無い時代から…

「住みたいところに住める俺」を読んで

どういった経緯で知ったかは覚えていないけど 非常に面白いブログだと思った。 ●住みたいところに住める俺 仕事をそっちのけで全エントリーを読んだ。 いっきにガッーっと読んだ。マジ、面白い! 勢いで読破したからメモを取らなかったので また読み直して、…

「認知的節約」と固定思考

日本経済新聞のコラム「春秋」(2007/02/15)より。 世の中に一を聞いて十を知る賢者は、そうはいない。 神ならぬ身、一を聞いて知るのは一だけである。 十まで知るには、さらに聞く、本を読む、 ネットで検索するなど、自分で調べるしかない。 それでも届くの…

本で見つけた名言を投稿・検索できるサイト「バーブル」

これイイなぁ。 手帳に気に入った言葉を書き込むけど、結構かさむ。 優先順位を付けて、手帳かverble、どっちかに書き溜めていくと便利だな。 http://verble.jp/ 追記 : いま流行の集合知を感じる便利なページだと思ったが、こういった解釈もある。 古今東…

ケータイでSNS。

ケータイで使う機能といえば、「通話」と「メール」。 ケータイを使ってPC のサイトをチェックできると聞いても、わざわざケータイの小さな画面で見るのも億劫。スクロールも面倒。そもそもPC でチェックすればいいじゃん、と思っていた。 ただ、ケータイサ…