読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

答えではなく、問い。

情報を、”信じられる、信じられない”の二つに分けるべきではない。 選別しようとすると過ちを犯す。 信じるに値する情報など、この世にはないと思っている。なぜなら、情報は人の脳が作るものだからだ。情報が僕のところに届くまでに、無数の脳というフィルターを通ってくる。そのようなものをまともに信じることは、僕には到底できない。

この部分を読んで、ニーチェの「事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである」を思い出した。
答えではなく、問いを持ち続けることが重要だ。