読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

ネット上にある他の応募者の想い。

シリコンバレーツアー

質問4. あなた自身についてウェブ上で公開されている情報があればその見出しとリンクを列記して下さい。ブログ、作品その他なんでもかまいません。例えば、応募動機を語ったビデオ等をYouTubeにアップしてリンクしていただいても結構です。

僕はこの質問に対して、このブログを紹介しました。他の応募者の方々には、動画でその想いを伝える方々がいたので集めてみました。


シリコンバレーツアー応募
 しょっぱなのインパクト大!


JTPAシリコンバレーツアーへの応募 山崎望
 エンジニアとしての不安は僕も感じています。


応募:岡信太郎
 2006年7月4日付け 日本経済新聞の記事にて、中田英寿をこう表現していました。

中田が常に漂わせていた孤影は「前提」の違いから来ていたのではないか。

 山崎さんの言う「ヴィジョン」は求める先という観点から、前述の「前提」と一致すると感じました。このエントリーでも述べましたが、「知ること」は決定的な行動を引き起こすモチベーションになると思います。


m.fukahori_SVTour6
 いきなりのウサギ? ギザかわいいw


JTPAシリコンバレーツアー PR動画(期間限定掲載)
 想像できるようになるのは重要だと思います。


シリコンバレーツアーの応募動機
 シリコンバレーツアーに対する憧れって、自分以外の人も持っている。そんな当たり前のことを知ることが出来て嬉しかったです。自分が抱く憧れは、エンジニアとして自然な感情なんだって。


参加応募者は150名以上ということで、まだまだネット上にシリコンバレーツアーに対する想いがあるんでしょうね。他の参加志望者の言葉を聞くと、俄然シリコンバレーツアーの注目度が分かります。競争率はものすごく高い!!