読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

ひっかけ橋での攻防戦

シュンポシオン 出逢い


2/11、負けられない戦いを生観戦してきました。といっても、サッカー日本代表のことではなく、「戎橋」(ひっかけ橋・ナンパ橋)*1での男女の攻防戦ですが(笑)結果は分かりません。あの様子だと・・・(以下省略)。そんなことはさておいて、2/11-12で大阪心斎橋に行ってきました。目的は2つ。

結婚式に関して言うと、沖縄の結婚式は簡単に言えば「宴会」で、早く来た人から好き勝手に食べ吞みし、最後は舞台で老若男女入り乱れての胴上げやら、カチャーシーでどんちゃん騒ぎ*2をするのですが、本土の結婚式はとても「ちゃんと」していまして、今までの結婚式概念が吹っ飛びました。とても素晴らしい結婚式で、最後新郎側のお父様のスピーチで涙ぐんでしまいました。この場を借りて、改めてご結婚おめでとうございます!>ご両家の皆さま


中西さんとはブログ上で何度かやりとりはあったのですが、リアルでは初めてお会いしました。お会いできませんか、という質問に快く承諾して頂き、今回お会いすることが出来ました。中西さん懇意のお店をはしごし、あっという間の3時間のなか、中心の話題は「時代」だったのではないかと思っています。

本に書かれたことや、人の言うことを鵜呑みにしないで自分の頭で考える。
これはいつの時代でも大切なことです。しかし、自分の働き方や生き方を自分で考える、という姿勢が、今ほど求められたことは、この100年なかったと言っても言いすぎではありません。
間違っても親や教師の言うことを鵜呑みにしてはいけない時代 - design,web,computer & others

上記引用の「鵜呑みにしてはいけない」に対して、学生へどういった方向付けをしているのですか、という質問に対して

うーん、よく分からないよね(笑)

と、うどんを絡めた箸を止め、はにかんだ、少し困ったような素敵な笑顔で答えてくれた。それは上記引用の彼の信念が現れていると感じました。「考えること」がいかに重要で、確かに先は読めないが、ヴィジョンさえしっかり持てば、チャンスの溢れる時代になった、と言葉は続いた。話題はその後、組織と自立、ニコラス・ネグロポンテと大量生産、いのちの食べ方と社会構造などなど。「考えること」がかつてない程に重要だ、という言葉が胸に響いています。


「運良く」名刺を渡しそびれたので、それを口実に、またぜひ中西さんにお会いしたいと思います ;-)

最後に、、、

比嘉さんは、やはりイケメンでしたw
日記、本当にただの日記 - design,web,computer & others

光栄です(笑)

*1:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%8E%E6%A9%8B

*2:http://www.youtube.com/watch?v=zLhRz8I-N50&feature=related