読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

僕にとっての3月とは

これから3/21-25の間、関東へ行ってきます。


大きな目的は二つあって、ひとつは千葉の友人の結婚式への参加。もうひとつは、ウェブ上で出会った人と言葉を交わすこと。誰と会うのかは、後日取り上げるとして、タイトルの「3月」についてちょっと触れて、今日のエントリーを終えます。


僕個人にとって、3月は肉体的に大きく行動する節目でありました。3年前はパリ〜バルセロナ〜ローマ鉄道ひとり旅、2年前は弟とNYふたり旅、1年前は裏シリコンバレーツアー


流れから見れば、連続海外渡航が途絶えている気がするけど、本質は違うんです。僕にとって、それは肉体的に移動したことはもちろんですが、精神的に大きく移動した節目であるわけです。今回は国内だけれど、僕にとっては精神的に大きく移動する(であろう)観点からすれば、全く一緒。


ウェブ上で出会った人と言葉を交わすことは、非常に緊張する。もう次はないのかもしれないと不安でいっぱいになる。取り繕って良き面だけを見せるのは絶対にしてはいけないが、かといってどれほど自分の言葉に揺るがないラインがあるのかと常に逡巡してしまう。行動が、前行く衝動が踵を返そうとする。


そんなとき、金城さん(id:simpleA)のコメントを読んだり、

>「思考を深めて、もっと色々な人と話をしたい」
なるほどね。小林秀雄を読む人は多いと思うので、いろいろな人と話すネタとしては、良いかもね。ただ、順番としては、「小林読む>思考を深める>いろいろな人と話す」より、「小林読む>いろいろな人と話す>思考が深まる」がよろしいかと。欲識人 急趨宴会
ヤマカンを信じるということ

シリコンバレーへ出発直前のエントリーを読んだり、

不安は大きい。けれど、その不安は危機感があるからだと、自分自身に何度も言い聞かせています。「不安があるならきっと大丈夫。不安は想像力を生み出し、行動に力を与える。だから心配しなくていいよ。」ってね。
今からシリコンバレーへ行ってきます。 - 読谷の飛行場に想う。

などして、自身を奮い立たせているわけなんです。単純です(笑)というわけで、そろそろ行きます。じゃ。