読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

町田にて、瀬川秀樹さんと飲んできました。

昨日、瀬川さん(id:segawabiki)とサシで飲んできました。町田駅にて待ち合わせをして、近場の居酒屋に移動して、たっぷり5時間近く話しました。


店内に入り、はじめの一杯目を注文する際、「流れている音楽を少し小さくしてくれませんか?」と店員さんに言付ける瀬川さん。その一言で、これから始まる言葉の掛け合いに、何とも謂えない緊張感が体中を包んでいきました。でも、地元の泡盛「残波」があり、少しずつお酒が進み、徐々に緊張と足がほぐれて、体育座りなどしていましたが。。。


始まりは、「茄子がどうして嫌いから好きになったのか」。それから実験計画法、家族、システム、意識と物体、べき論、笑顔の練習、チューリッヒなどなど。いま言葉にすると、すごいあっけない単語の羅列になるけれど、僕の中でじっくり熟成させたこれからが、非常に楽しみです。


時折「比嘉さん、それは考えすぎ!」と体を前に押し出して、笑顔で応じてくれる瀬川さんに、何度も苦笑いを見せていたかもしれません。僕にとってネイチャーなので、一朝一夕でコロッと変えることはできないけれど、もっと体が感じるままに、ニーチェがかく語りき「踊る」ように、もっと素直に行動してもいいのかもしれません。


出会ったときと別れのとき、力強い握手が印象的でした。素直に、そんな握手ができる人と、多くの言葉を交わしながら時間を歩んでいきたいと思いました。僕より遥かにごつごつとした手からは、瀬川さんの漫画に対する誠実な姿勢を物語っているようでした。瀬川さん、また逢える日を楽しみにしています!ありがとうございました!!