読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

地方から関東へ転職(退職願と「過去の僕」へ 編)

転職 感謝を伝えたい 大分

先日、退職願を提出してきました。願書はきちんと受理してもらえ、残るは人事部の方と、事務的な書類のやり取りだけです。意外にアッサリしていました。ちょっとだけ、退職願に関しての情報を記しておきます(どうやら、今後同期が辞めそうなので)。

  • フォーマットが用意されている
  • 自分で作成する必要はない
  • 署名と捺印だけ


退職願を提出した瞬間、もしくは今現在、僕は24歳の時を過ごしています。片手で数えることができる日数を過ごせば、25歳になります。

僕は25歳までにどういう生き方をしたいか。その方向性を、行動が伴った判断をする。

'08/08/27

ノートに書き取った瞬間から今まで、自分自身がどういった生き方を望んでいるか、人と会うために実際に行動したり、フットサルをしたり、本を読んだり、人の優しさに触れながら、偶然に身を任せてやってきた。


「現在の僕」から「過去の僕」へ言葉を発するなら、よく自分自身と向き合ってきたねと言いたい。少しは胸を張って、誇らしく思ってもいいんじゃないかな。よくやったと思う。これからが本番だけど、過去の自分と約束を果たせたことを、小さな誇りとしたい。


【追記】
退職願や車両に関して、お袋に話したところ

そういえば、姓名判断の話したっけ?それによると、あなたは25歳までに「現在の仕事に対してけじめをつける」ってあるよ。

いや、聞いてないし(笑)でもまぁ、物事は良い方に進んでいると思うようにしよう。ありがとう、お袋 ;-)