読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

Dum spiro spero

昨年の11月頃だったと思う。
会社のコピー機近くで、とある先輩とすれ違った瞬間に交わした 短い他愛もない会話からだった。よく色々と気に掛けてくれる兄貴肌の先輩からの一言は、僕自身が思っていた以上にずっと心に残っていた。

比嘉ちゃん、すっかり東京に慣れちゃったんじゃない?
何か、来たばっかりの頃のギラギラした感じがなくなっちゃった気がするよ。

「東京に慣れる」に関しては、正直良いか悪いか、それはどうでもいいような気がする。
こなれた様な、斜に構えるような、そんな態度を自ら取っていたことが甚だ恥ずかしく思えた。意識的にではなく、無意識的にしていたことが、そして周囲の人から指摘された事実に、辱めを受けるという表現が過言でないほど、慙愧の念は止まなかった。僕が東京にきた目的は一体何だったのか、と再度考える機会をもらったと思う。その先輩に対してとても感謝している。


僕は、もっともっと行動すべきだ。
現状をもっと良くするんだと希望と矜持を持って、手を動かして、足を動かして、口を動かして、今以上にもっともっと行動すべきだ。そんな基本的なことを忘れていた。


♪3 Doors Down - Kryptonite