読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

大きく吸いたいなら、まず、大きく吐く必要があります。

lifestyle

さて、20101208の同志社戦については、基本的に、http://simplea.cc/doshisha20101208/にまとめてあります。
同志社遠征報告 その2 レポート編 - simpleA@hatena

364人分の手書きのレポート、金城さんの回答を読み終え、非常に興味深かったのでポストします。
個人的に素晴らしいと思った金城さんが学生に送ったコメントをいくつか抜粋しました。僕も20歳の時に受けてみたかった。だからその分、今金城さんとface to face で話ができる機会を大切にしたいと思っています。

以下、レポートからの抜粋です。


事前に、「できるか、できないか」で悩む時間は無駄だと思っています。実際にやってみて、「できた、できなかった」ということを振り返ることだけに、集中するようにしています。なので、基本的に、何でもチャンスさえあればやってみるし、ちょっとでもやってみたいと思ってしまったら、チャンスなんて待ってないで、飛び込みます。躊躇したら負け、という考えです。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/025.html

将来、何をしたいのか、なんてことは、分からないのが普通です。でも、それは深刻に考えすぎているからで、もっと気楽に、思い付きでいいので、何になりたいのか、くらいはすぐに言えるようにしておいたほうが良いでしょう。ひとつの話題ですから。うそでもなんでもいいんです。私のアルゼンチンの友達は、昔、魚の歯医者になりたい、と言っていました。その話題で、ずっと盛り上がって話をしていた記憶があります。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/045.html

シリコンバレーという場所は、解雇される率が高い地域だと思います。その中、彼らは、将来に対する不安など感じさせないくらい、いろんなことにチャレンジしていきます。おそらく、ちょっとでも立ち止まると、急に怖くなるから、前に走り続けているんだと思います。私も、おそらく、前に進み続けることで、焦りや不安を感じずに来れたんだと思っています。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/237.html

対象の問題ではなく、深さの問題であり、最終的には、あなたの楽しみ度合の問題です。音楽鑑賞だろうが、スポーツだろうが、徹底的にとことん好きになり、そのことについて、心底楽しそうに話をすれば、どこかで、必ず、誰かに出会い、何かが生まれるはずです。相手が興味を示さないのは、選んだ対象がいけないのではなく、あくまで、あなたがまだ、中途半端なんです。私は、金型だけでなく、Youtubeで見つけた動画についてだって、朝まで話をすることできます。そういう感じで、なんでもいいんです。自分が楽しんで話をできれば。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/203.html

ベタなたとえですが、呼吸をするとき、大きく吸いたいなら、まず、大きく吐く必要があります
なので、いつでも、どこでも、まずは、知ってることを、ホントに全部吐き出してしまうことをやってみてください。
おそらく、いろんな情報が集まってきますよ。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/003.html

赤字・太字は比嘉加筆です