読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

僕が現職を辞めない理由

昨晩、社長と飲む機会を得た。

23時頃、同僚の歓迎会&送別会が終わり、帰宅を考えて歩き出したとき、たまたま出澤さん(あまり社長と呼ぶのは好きじゃないのでこう書く)と行く方向が一緒だった。「良ければこのまま飲みに行きませんか?」「いいよ、行こうか」と左側を歩く出澤さんが僕の右肩をポンポンと叩きながら、そのまま飲みに行った。


普段から感じていた疑問や怒りに近い主張を色々とぶつけた。彼はとても丁寧に、一つひとつ回答をしてくれた。生意気にも「○○○には魅力を感じない」だとか、「○○○はスケールしない」だとか、「○○だけでビジネスとして成功すると思いますか」等。後に成って気付いたけど、僕自身かなり緊張していたのだろう、かなりの量の酒を吞んでいて、それがより僕を饒舌にさせた。


現職について、もう二年になる。その間、出澤さんと飲む機会は数回あった。自宅にもお邪魔したこともある。目の前で泣いたこともある。でも、一緒に仕事をしたことは、まだない。


僕は彼の人間性がすごく好きだ。そういった人間性を有せるように成長したいと、常に感じている。成長をして、ただただ恩返しがしたい。僕がライブドアを辞めない理由はそこにある。