読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

近道はない。本当にない。残念だけどない。

lifestyle

「近道はない」

この言葉を素直に受け入れるのになかなか時間がかかった気がする。
物事を一日で好転させたい気持ちは確かにある。東京にきてより強くなった気もする。

でもこれからしっかり、少しずつ、気長にやればいい。毎日の通勤で英単語を復習し、rarejobでフィリピン人先生と拙い英語で言葉を交わし、日本語で英文法をもう一度しっかり学ぶ。
それでいいじゃないか。

毎日少しずつ負荷を高めて、そして継続していく。
それでいいじゃないか。

近道はない。本当にない。残念だけどない。多くの日本人が英語が下手なのは、どれだけ膨大な時間がかかるかをわかっておらず、Year 3-4あたりで停滞してしまい、なおかつそれが限界だと信じているからだ。ここで言うYear 3-4というのは、「英語を10年でマスターすると仮定した時の3−4年目あたりの習熟度」という意味だ。要は、「できないわけじゃないけど、できるわけでもない」レベルである。
10年という短期間で英語をマスターする方法