読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

「将来のビジョンなんて」という思考

整理をしていたら、とあるメールの印刷物を見つけた。
一通り目を通すと、赤線が引いてあった。その部分を読み返すと、過去の自分が感銘を受けたように、もちろん今の僕も改めて感銘を受けた。「気に入る」ということは、その人を映し出す鏡であるならば、きっとそれは良い兆候だと思う。ちなみに今日は「とあるチャレンジ」をして、上手くいかなくて気落ちしていたところ。でも、躊躇しなかった結果だから良しとしている。

将来のビジョンなんて、いつまでたってもぼんやりしているものです。ぼんやりしていることがいけないのではなく、ぼんやりしていることに思い悩むことがいけないと思います。将来のことを聞かれたら、そんなもん知るか、と答えるくらいの開き直りが必要です。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/213.html

将来、何をしたいのか、なんてことは、分からないのが普通です。でも、それは深刻に考えすぎているからで、もっと気楽に、思い付きでいいので、何になりたいのか、くらいはすぐに言えるようにしておいたほうが良いでしょう。ひとつの話題ですから。うそでもなんでもいいんです。私のアルゼンチンの友達は、昔、魚の歯医者になりたい、と言っていました。その話題で、ずっと盛り上がって話をしていた記憶があります。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/045.html

決断をするための原動力としていることは何ですか?
事前に、「できるか、できないか」で悩む時間は無駄だと思っています。実際にやってみて、「できた、できなかった」ということを振り返ることだけに、集中するようにしています。なので、基本的に、何でもチャンスさえあればやってみるし、ちょっとでもやってみたいと思ってしまったら、チャンスなんて待ってないで、飛び込みます。躊躇したら負け、という考えです。
http://simplea.cc/doshisha20101208/html/025.html

*1

*1:赤太字筆者