読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読谷の飛行場に想う。

躊躇したら負けなので、とりあえずベンチプレス100㌕を目標にしています。

「言葉」の重要性について

たいしたページではありません。

あるのは言葉だけ。

それをあなたは読んでいます。

オシャレなデザインや、レスポンシブなレイアウト、魔法のようなスクリプトに私たちは魅了されてしまいました。

でも、ウェブで一番強力な道具は、今も昔も言葉です。

私が書いた言葉を、あなたが読んでいる。これこそ魔法です。

「これはウェブページです。」

画像や文字数、公開範囲が制限された「限定的な世界」でのコミュニケーションが増えた。そこに参加の障壁の低さであったり、スマートフォンの普及が後押しし、以前よりカジュアルに沢山の人とコミュニケーションが出来るようになった。良き面がある一方で、情報を整理し、表現し、つなげ、考えを深めていく「作業」と、自然と距離を取るようになってしまった。上記の「これはウェブページです。」や@ev が立ち上げた Medium はいかにも古いような感覚はあるが、自分自身が今とても求めていたものでもある。

Why We Built Medium
In 1999, two friends and I launched Blogger, a simple tool for publishing on the web. Blogs, or “weblogs,” were largely unknown outside a small community of web geeks. The idea that anyone, anywhere, could publish for a global audience seemed radical.

Today, we carry the Internet around on pocket-sized devices with more computing power and pixels than we previously had on our desks. We have innumerable options for sharing our deep thoughts or cat photos — with or without a retro filter. And, while it’s easy to trivialize, our collective, casual, everyday shares demonstrate that millions of people have the power of a printing press at their fingertips. (And they use it.) That is an amazing advancement.

We love tweets as much as the next person (probably more), but sometimes we long for something meatier. Now that we’ve made sharing information virtually effortless, how do we increase the depth of understanding, while also creating a level playing field that encourages great ideas coming from anywhere?

Welcome to Medium — About Medium —